マンションだけにある問題点を考える

司会・・・極端にいうと、管理組合がマンション生命維持装置の役目を果たすことになるほど重要であるということなのですね。
それでは管理会社についてもう少し。
大手デベロッパーなどでは、その系列会社が管理会社として初めから決定している場合が多いようですが、この場合、何か施工に不具合があっても、親会社が販売者でもあるわけですから、施工会社や親会社を擁腰するようなことにならないか?という疑問が籾いてきます。
そのようなことはないのでしようか?
津村・・・はっきり申し上げますと、よくあることですね。
建築上のトラブルがあったとき、管理組合が管理会社に調査依頼をしますと、調査結果として「よく分からない」とか「原因不明である」とかいった回答になることが多いものです。
しかし、私たちが調査をすると、実は工事会社の施工不良であったというような話は毎度のことです。系列管理会社としては当然なのでしょうね。
管理人さんからのご相談でしたが、「親会社が下請けをたたいて建てさせたマンションなので、施工不良がいっぱいある。
見つかるたびに、下請け会社に手直しをさせるのだけど、下請け会社では、安かったのだからこれ以上対応できないといってきた。
どうすればいいか困っている」といった相談もありました。デベロッパーが、建てさせる施工会社をコロコロ変えるといった堀合も要注意でしょうね。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、結婚相談所 選び方 ←こちらのサイトからたくさん見られます。
司会・・・販売会社十施工会社十グループ系列管理会社は一体のようなものですから、管理組合は孤立無援になる可能性もありますね。
このような状況になった場合に第三者の建築士の調査が有効になりそうですが、 第三者を入れた填合のメリットにはとのようなことがあるのでようか?
樽・・・分譲マンションは、股計や工事のプロセスを第三者としてチェックする術がない完成品の売買ですから、音とか振動とか櫛造の問題については、鯛査は可能でも解決は難しいのはないでしょうか。もちろん、管理組合が承認したうえでリフォームするならば、技術的には緩和することは可能だと思いますが・・・。
でも、予防という意味で、購入前に建築士に股計図害などから評価してもらうことで、客観的な邪実を知ることは可能かもしれませんね。
建物の栂造的な問題については共用部分ですので、管理組合が維持管理していますが、開発業者十建設業者十管理会社がグループ企業ですと、確かに問題意識を居住者と共有できないこともありえます。
そういう意味では第三者の専門家は居住者にとっては心強い味方になってくれると思います。
ただ、それでも根本的な解決ができるかというと難しいとしか答えようがありません。購入前の活用がとりあえずの利用方法かな?と思ったりします。
もちろん施工も本来ならチェックしたいところです。
「床はL45だから大丈夫!」などという説明がモデルルームでありますが、実際の建物では岬価どおりに性能が発揮されてないことが多いですね。
大体、試験場での性能が人の手で施工された床で適うわけがなく、施工精度に大きく左右されるということも知っていてほしいですね。